東京23区のような都市部であればたとえ難があったとしても空き家は売れる

最近は空き家に関する問題がさまざまと議論されていますが、空き家に関して言えば都市部と田舎とでは全然違ってきます。都市部であれば、空き家があったとしてもすぐに利用されるのかという風に思うわけですが、実際のところはさまざまな利害関係者が絡んでいるためになかなか空き家問題が解決できていないという実情があります。都市部での空き家の実情などについて詳しく紹介していきます。

都市部は需給のミスマッチが起こっている

都市部の場合は一人世帯がどんどん増えているために、それなりに住むところに関する需要は高いということが言えます。ただし、空き家についても増えてきているということも同様に起きています。それはどういうことかというと、需給のミスマッチが起こっているからです。それだけ空き家を有効活用できていないということがあります。

都市部においては条件が悪いと言われる空き家であっても何千万円で売れたというケースもあるほどですので、基本的に売りに出せば興味を持つ人はそれなりにいるわけです。安く空き家買取ができるということであれば、売れないところは無いと言ってもいいでしょう。

土地の有効活用ができないケースもある

実際に空き家を売りたいとは思っていても、権利関係が複雑な場合や実質的な土地所有者が不明な場合、相続関係でもめている場合などでなかなか空き家問題が解決しないというケースがあります。その場合は放置せざるを得ないので、土地活用の面から言うともったいないと言えるでしょう。

都市部は基本的に空き家は売れる

都市部の場合は空き家に関する需要がありますので、空き家を売りに出せないという場合を除いて、基本的には売れると思ってもいいでしょう。ただ、需給のミスマッチが起きているというのが現状です。

関連する記事