空き家を持っているなら空き家バンクに登録する

空き家を何もせずに持っているということは別段プラスになるというわけではないです。そうであれば誰かに買い取ってもらうというのが一番いいのではないでしょうか。そうは言っても田舎に住んでいるのであればなかなか買い手がなかなかいないという側面もありますので、自治体が運営している空き家バンクに登録するというのもいいのではないでしょうか。

空き家バンクは自治体が運営している

空き家バンクとは空き家の所有者と利用がしたい人たちをマッチングさせるためのサイトです。具体的な仕組みは不動産の検索サイトと基本的には同じようなものです。登録に際してお金がかかるということはありませんので、空き家を誰かに有効活用をしてほしいというのであれば、ぜひとも利用してみてはいかがでしょうか。

ただ、状態のいい空き家を売りたいならば、不動産業者を活用して市場に出しているというのが正直なところです。まだまだ、空き家バンクが有効活用できていないという側面もありますので、自治体としてはもっと利用促進のためにPRなどをしてみるといいのではないでしょうか。

契約に際して自治体は関わらない

空き家バンクを通じて有効活用をしたいという人が現れたのであれば、自治体から所有者に対して通知が来ます。それから、交渉をしながら成約に向かって行くわけですが、契約が結ばれるかどうかは当事者間の交渉次第となり、それは普通の不動産取引と同じです。

空き家バンクに登録するということもアリ

確かに条件がいい空き家で高く売れそうだなと思うのであれば、不動産業者を介して市場に出せばいいですが、そうでない物件も中には有ります。そういう場合に、空き家バンクに登録するというのもいいのではないでしょうか。

関連する記事